スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな歯車で、大丈夫か?

大丈夫じゃない、大問題だ

歯車って四角い歯より三角の方が精巧で優秀らしいです
大学で情報工学には一切必要ない知識を身につけてしまった

そんなわけで四角い歯を持つ歯車、ギギギアルの育成論です
まさかBW環境になって育成論書くまでに至った最初のポケモンがギギギアルになるとは。。。



※基本的にステータスは実数値表示で、××振りと記載されているときは努力値を指します。
※某ブログに影響されてその方の育成論に似た書き筋になっていますがご了承ください。

○特徴
ギギギアルのステータス
種族値配分: 60?100?115? 70? 85? 90 (合計520)
6Vステ:  135?120?130? 90?105?110

クチート、レジスチルと同じはがね単タイプ。
役割破壊をすべて通してしまうためドラゴンに対する流し性能は高くはない。
しかしげきりんやりゅうせいぐんを受けられる点はしっかり活かした構成にしていきたい。

技のレパートリーはかなり貧弱で、物理技はギアソーサー以外に候補となる技が見当たらないほど。
特殊技もでんき技を一通り覚えるくらいで、それ以外のサブウェポンは壊滅していると言っていい。
一致技のギアソーサーはみがわり貫通と比較的高い攻撃を活かせるので採用したいところ。
ギアチェンジは習得技の貧弱さゆえ無双はほぼ不可能だが、
強力な積み技であり鋼タイプでは珍しい高いすばやさを活かせるので、こちらも採用を考えていきたい。

耐久種族値はよくある低HP高防御。
努力値配分のベースとしてはH252または、いじっぱりA244が考えられる。
いじっぱりA244を候補に入れたのは、はがねのジュエルを持たせたときに
ギアチェンジギアソーサーで無振りガブリアスを確1にできるから。


○技候補
ギアソーサー…きあいのタスキみがわり貫通という大きなメリットがある。
ただし接触技なのでほのおのからだなどには特に注意。
エルフーン、タスキゾロアーク等に有効か。

おんがえし(やつあたり)、いわくだきはウルガモス、ドリュウズ等へのメタになるかと思ったが、
ギアチェンジ後でも確1にできないため採用を見送ることにする。

ギガインパクト…いじっぱりギアチェンジで無振りウルガモスを確1にできる。
おんがえしでは確1にできないため苦肉の策。
ギアチェンジに合わせてウルガモス後出しされた場合に返しで倒すことができます、
というウルガモスピンポイント。
この時にやけどした場合でも、ジュエルギアソーサーでガブリアスのみがわりを破壊する攻撃力は残っている。

ギアチェンジ…強化りゅうのまい。ただし上の通りウェポンは相当貧弱なので、
使いどころはかなり限られる上に、固有技のため警戒されやすい。
ただしすばやさ種族値とのシナジーは悪くないので、積んだ後に先手で行動できる利点を考えていきたい。

10まんボルト…ギャラドスメタ、スイクンへの撃ち逃げ用。
無振り下降補正でH振りギャラドスを超高乱数2発。
ボルトチェンジとは違い受けに来たギャラドスを安定して潰すことができる。

かみなり…当てることに地震があり追加効果を狙いたい人へ。

ボルトチェンジ…ドリュウズ、カバルドンに効かないことは注意。
というかガブリアスに通らないのがそもそもの問題。
下降補正無振りでH振りギャラドスに35.6%?43.5%のダメージ。
ギアチェンジと併せて積むと撃つ際に積み効果が消えるのが難点。
ちなみに非接触技らしいです。

めざめるパワー氷…補正なしC244こおりのジュエルで無振りガブリアス確1。
ここまでしてやっとこの威力なので、他のタイプでの採用は難しい。

でんじは…ラティオス、サザンドラに当てることで性能を大幅にダウンさせることができる。
ギアチェンジと相性が悪くはあるが、
ギアチェンジと違い苦手な相手に撃ち逃げできることが大きな差。

どくどく…耐久のあるポケモンに有効。止まる相手は多いのであって悪いことないが、
でんじはと二者択一になってしまう。

みがわり…ギアチェンジとの相性は悪くない。
いばると合わせても使う場面がある、だろうか。

トリックルーム…使用方法としては、自分が先手を取れる相手にトリックルームを使用して、
後攻ボルトチェンジを狙う形になるだろうか。
パーティによっては一考の価値あり。


○努力値調整ライン一覧
・H
135?無振り
167?最大値

・A
120?無振り
121?ギアソーサーでいじっぱりメタグロスのコメット耐えバンギラスを確2
129?攻撃1.5倍時のギアソーサーで無振りゾロアーク確1
132?補正あり無振り、ギアチェンジはがねのジュエルギアソーサーで無振りラティオス確1
147?はがねのジュエルギアソーサーでガブリアスを確2
166?ギアチェンジはがねのジュエルギアソーサーで無振りガブリアスを確1
167?補正あり最大値、ギアチェンジギガインパクトで無振りウルガモス確1、
   素の状態のギアソーサーで無振りガブリアスのみがわりを中低乱数1発であり、
   火力1.5倍時のギアソーサーで無振りラティオスを乱数1発

・B
135?無振り
148?補正あり無振り
149?H167でようきガブリアスの地震確定2発
177?H167からをやぶるパルシェンのつららばりで確定3発
183?補正あり最大値

・C
81?下降補正無振り
89?めざめるパワー氷でガブリアス確2
90?補正なし無振り
94?H振りスイクンを10まんボルトで確定4発
122?補正なし最大値

・D
105?無振り
114?H167でこだわりメガネラティオスのりゅうせいぐん確定3発
127?H167でおくびょうサザンドラのだいもんじ確定2発

・S
110?無振り
114?最速バンギラス抜き
116?無振りグライオン抜き
120?最速カイリキー+1調整したグライオン抜き
124?のんきスイクン抜き
127?ギアチェンジでようきスカーフガブリアス抜き
141?いじっぱりドリュウズ抜き
142?無補正最大値
156?補正あり最大値


○育成例
・ギアチェンジ型
A167
S127or142

ギアソーサー
ギアチェンジ
ギガインパクトorみがわりor下の候補
10まんボルトorどくどくorでんじはorボルトチェンジ
@はがねのジュエル

技の並びがギギギ。。。
ジュエルギアチェンジギアソーサーで無振りガブリアスを確1。
すばやさのラインはようきスカーフガブ抜きかいじっぱりドリュウズ抜き。
ギアチェンジ後の攻めがうまく決まらないことの方が多いはずなので、
そこをしっかり意識して立ち回る必要がある。

正直この型は、
ウルガモス、ギャラドス、スイクン、ウインディ、シャンデラ、メタグロス、ヒードラン、ナットレイ、ブルンゲルetc…と、
止まる相手が非常に多い。
ガブリアスに対する調整すら活きるかどうか怪しい
(逆鱗に合わせて後出しするだけでなく、げきりんが3ターン続かなくてはならない)ので、
うまく機能するかどうか甚だ怪しいところがある。


・役割遂行型
H166?167
B147
C89?94?
D114?127?

めざめるパワー氷
でんじは

10まんボルト、ボルトチェンジ、みがわり、ギアソーサーから選択

(ずぶといHbSDの理想値(若干猶予あり)で努力値あまり178(22×8+2))

鋼タイプであることを活かしたオーソドックスな調整。
ドラゴン技、十分な耐久があるのでギアチェンジ型よりパーティには組み込みやすいはず。
ギアソーサー採用時はA121S114以上にすると対バンギラスが安定する。
ある程度自由度のある書き方をしたので、例としていばるを入れる場合の細かい調整を以下に載せます。


・いばみが型
H166?167
B147
C89
D114?127?
S124?

めざめるパワー氷
でんじは
いばる
みがわり
@たべのこしorラムのみorオボンのみ

Sはのんきスイクン抜き。
耐久のあるポケモンに対していばみがを狙う型。
ギアチェンジを想定して相手がスイクンなどで流しに来た場合はめることができる。
しんかのきせき持ちには比較的耐性があるので、後出しで繰り出すこともできなくはない。
いばるを特殊技メインのポケモンに狙うことになるので、とくぼうもできるだけあげたいところ。


○パーティ構築時の注意と総括
ギアチェンジを採用する型はロマンに近いので、無難に耐久を高めた型を使用したいところ。
書き始めは物理型を想定していたため、攻撃の調整ラインの調査がほぼ無駄に。
いばみがはギギギアルの素早さを活かせる型なので、差別化という点では一番優秀な型、だろうか。

弱点は鋼タイプの役割破壊をもろに通すので、その3タイプに強いポケモンをメンバーに入れたい。
具体的には炎を軽減できるドラゴンタイプ各種、
スイクン、ギャラドスなどのみずタイプ、
弱点3つの内二つに耐性を持つゲンガー、ブルンゲル、シャンデラ、ゴルーグ等のゴーストタイプなどだが、
鋼タイプをパーティに入れることがほぼ必須になっている現状から、
ギギギアル以外の鋼タイプのポケモンを採用しても
自然とこういったポケモン達もパーティに入ってくることになるはず。

特記すべきは、でんじはを蒔く場面が少なくないはずなので、
おにび、どくどく、どくどくだまトリック、あくび等でんじはと相性の悪い技の採用は控える必要があることか。
また、でんじはを蒔いた際にアドバンテージを取れるポケモン、
こだわり級の決定力を持つ低?中速アタッカー、
エルフーンを筆頭としたやどみがまたはいばみがご行えるポケモン、
強力な積み技を持つポケモンがパーティに入っているか注意したい。

ドラゴンタイプの技を受ける役目は十分持っているので、
どこでアドバンテージを稼いでいくかがカギになるだろう。



育成論を書くのがギギギアルの様なポケモンになったのは、
サザンドラなど優秀な性能を持つポケモンはすでに他者が詳細な考察を書いている場合が多い、
また、コジョンド、ペンドラーのようなポケモンは方向性が明確、
ということで、書く意味や優先度があまり高くない、といった理由からです。

ただしコジョンドやペンドラーの様なポケモンでも、
「低命中高威力の技がほぼ確定技に入っている、またブルンゲルに有効打を入れられるためにくさむすびが候補になりえる」とか、
「HBVにHP6振りでガブリアスのげきりんが確定2発(ただしエッジは乱数1発)」
などのちょっとしたネタは吐いていくことがあるかもしれません。
というかペンドラーは構成例一つ載せるくらいはしたいと思う。

今後書く可能性があるのは、
ゴルーグ、シビルドン(1体育成済みなので書くか微妙かも)、コバルオン、アバゴーラ
辺り。
上のギギギアルのものも含めて参考になるかどうかは怪しいですが。

書きあげてしまったので今ギアルの厳選中だけどその前にランダムに潜るって読みやメタ知識を向上させるべきだろうか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nishibi

Author:nishibi
ついったーの方をメインで活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。